お知らせタイトル画像

【アルミキャンプ用品もお任せ!!】アルマイト加工・プレス加工専門の当社だからできること

【 目次 】



  1. アルミニウム合金とは

  2. 太田金属のキャンプ製品ご紹介

  3. CAMP SET 5

  4. sonomama dish

  5. marufuto pan


 

ここ数年、一人キャンプ用品がかなり増えました。
当社でも、2020年に再販売を開始した『CAMP SET 5』というクッカーセットがありますが、今もたくさんのキャンパーさんに愛用頂いております。

当社の最大の強みと言えば、アルマイト加工・プレス加工です。
そのノウハウを最大限に生かし製造されたキャンプ用品は、強度を保つためにアルミニウム合金を使用し、尚且つ軽量で持ち運びが容易であることから、大人気のキャンプ用品となりました。

つい先日も、数量限定ではありますが新しいキャンプ用品をリリースしております。
太田金属が作るキャンプ用品の魅力に触れてみてください。

 

 

アルミニウム合金とは


そもそもアルミニウム合金ってなに?と思われる方も多いはず。
アルミニウムは、軽くて加工しやすい金属ですが、純粋な状態では強度が低いため、アルミニウムに銅やマグネシウム、亜鉛など、他の金属や非金属を添加し性能を向上させた合金のことを、アルミニウム合金と呼びます。

添加するものにより、特徴や仕様用途も異なってきます。
例えば、航空機の材料として有名なジュラルミンは、アルミニウムに銅(Cu)やマグネシウム(Mg)などを加えた熱処理型の高強度合金で、アルミニウム合金の中でも強度が高い合金です。

一方、缶や箔などに使われる純アルミニウムは、非熱処理型の低強度合金と呼ばれ、導電性や熱伝導性、耐食性に優れており、リサイクル性も高いため、工業や建築、自動車などの分野で幅広く活用されています。

特に、7000番系の亜鉛(Zn)とマグネシウム(Mg)を添加したアルミニウム合金は、『超々ジュラルミン』と呼ばれ、アルミニウム合金の中でトップクラスの強度を誇ります。

その他にも、マンガン(Mi)を加え、耐腐食性を維持しながら強度を高めた『3000番系』や、シリコン(Si)を加えることで、耐熱性と耐摩耗性に優れた『4000番系』。

アルミニウム合金の中でも、一番使用頻度が高い『5000番系』は、マグネシウム(Mg)を添加し、耐食性と強度を高めながらも加工性にも優れています。
また、シリコン(Si)とマグネシウム(Mg)を添加し、強度と耐食性に優れた『6000番系』など、添加する種類により、様々な特徴を得ることができる優れた合金です。

 

太田金属のキャンプ製品ご紹介


 

CAMP SET 5




自社ブランドのクッカーセット
2020年に、芸人でありキャンパーでも有名な『ヒロシさん』にご紹介頂き、 大きな反響をよび、再生産を開始する事となった『大人気のクッカーセット』です。
その後も、ヒロシさん自身のYouTubeチャンネル『ヒロシのぼっちキャンプ Season2』では、愛用品fileの№1としてご紹介頂き、2023年にも同チャンネルでご紹介頂くなど、長く愛され続けているクッカーセットとなっております。

また、TwitterなどのSNSでは、定期的にキャンプセット5を購入したご報告や、思っていた以上に使いやすい!などのコメントも多く頂いております。

 

【商品情報】


一番大きな器の中にすべての内容がコンパクトにスタッキング出来ます。
(スタッキング高さ約8cm×φ16cm)

セット内容
中なべ/ 約φ14.5cm 高さ7cm ×1
小なべ/ 約φ12cm 高さ6.5cm ×1
深皿/  約φ12cm 高さ2.8cm ×1
浅皿/  約φ15.5cm 高さ2.2cm ×1
浅皿/  約φ13cm 高さ2cm ×1
付属品/取扱説明書

総重量は約350g
仕様材料: 0.6 mmアルミ板使用
表面処理:硫酸アルマイト処理済

▶CAMP SET 5の製品紹介はこちら

▶ヒロシさんにご紹介いただきました

 

 

sonomama dish




1人分の料理をワンプレートででき、そのままお皿で使える便利なグッズ。
ソロ用はもちろん、軽くてスタッキング収納できるのでファミリー分をまとめて購入するのもおすすめです。
持ち手には、穴が開いているので、フックやカラピナなどで吊り下げも可能で、内面はフッ素加工でこびりつかず、洗う時もとっても簡単なお皿のような、フライパンのようなアルマイトキャンプギアです。

現在は、再販検討中の商品ですが、キャンプギアをご紹介されているYouTuberのFUKUさんに、sonomama dishをご紹介頂き…瞬く間に在庫切れとなりました。本当にありがとうございます。

 

【商品情報】


重量:(約)116g
素材:本体/アルミニウム合金 ハンドル/ステンレス
加工:内面/フッ素樹脂塗装 外面/アルマイト仕上げ亀甲柄
使用サイズ:(約)外径φ16.8cm、高さ3.2cm

▶sonomama dishの使用例をご紹介

 

 

marufuto pan




日本の某有名アウトドアメーカー用に生産されたフライパン本体を使った、数量限定(620個)の特別な商品です。
ハンドル取り付け用の穴位置が企画より0.75mmずれてしまい、不採用となった本体を使用しておりますが、性能は採用されるものと変わりありません。
高品質かつユニークなアルミニウム製品のmarufuto panは、少量の油でも焦げ付かず調理可能!
厚板アルミニウム材を使用しているのに軽く、アウトドアやキャンプにも持ち運ぶことができ、無駄を省いたシンプルでスタイリッシュなデザインとなっています。

ハンドル部分の5穴を利用して木や他素材のハンドルを取り付けることでカスタマイズができるのも魅力のひとつ。ハンドル部分のリベット数のオーダーも承っております。

 

【商品情報】


サイズ:直径約22.5cm、長さ約32.5cm、高さ約5cm
重量:約395g
本体素材:本体アルミニウム合金(2mm)
ハンドル本素材:ステンレス(1.6mm) ※0.8mm材を2枚重ね
表面処理(内面):フッ素塗装
(ハンドルとの接合に使用しているリベットも1本づつフッ素塗装した物を使用)
表面処理(外面):アルマイト処理6μup
製造元:太田金属株式会社
価格:¥1,500(税込み¥1.650)(メーカー希望価格¥3,800)

▶marufuto panのカスタマイズ例など紹介しています

 

 

 

弊社のオススメコラム一覧


アルマイト加工についてのバナー


アルミ合金についてのバナー


深絞りプレス加工についてのコラムバナー


封孔処理についてのコラムバナー


 

 

当社では、アルミニウム、アルミニウム合金のキャンプギアを主に製造しておりますが、ステンレスや鉄など、どんな鋼種でも加工が可能です。
キャンプギアのような、クッカーは深掘り加工が必要となりますが、弊社では、深絞り加工に最適なドローイングプレス機を5台所有しており、400㎜までの深絞り加工ができる他、長年培ってきた経験とノウハウを最大限に生かし、お客様のご要望を実現させます。

特に、アルミ製品の場合、運搬による傷や変形の問題にあわせ、時間による変色や腐食のリスクも存在します。
当社では、深掘り加工・プレス加工からアルマイト加工処理まで一貫して行うことで、品質を高め、不良率を削減だけでなく、納期短縮や、運送のコストを削減することも可能です。

どんな些細なことでも構いません。
まずは、お気軽にお問い合わせ頂き、良いモノづくりを一緒に実現していきます。

ページスクロール画像