お知らせタイトル画像

【アルマイト加工・プレス加工専門】アルマイト加工について

【 目次 】



  1. アルマイトとは

  2. アルマイト加工とは

  3. 弊社アルマイト製品のご紹介


 

アルマイトとは


アルマイトとは、アルミニウムやその合金の表面に酸化皮膜を形成することで、耐食性や耐摩耗性などの特性を向上させる表面処理の一種です。

アルマイトの説明画像


 

電気めっきでは、金属を陰極で電解し、電解液中の金属イオンを還元析出させ表面処理をするのに対して、アルマイト処理(電解法)は、アルミニウムを陽極として直流電流を流し、酸性電解液中で酸化皮膜を生成します。

化学法と呼ばれるアルミニウムを強酸や強アルカリなどの溶液に浸漬し、化学反応によって酸化皮膜を生成する方法もあります。
また、アルマイト加工処理は、アルミ素地自体がめっき浴中に溶解する為、生成された膜厚(アルマイト層)の厚み約3分2がアルミ素地に入り込む状態となり、剥がれ難く、丈夫なコーティングを形成でき、見た目も美しくなります。

 

 

アルマイト加工とは



アルマイト加工とは、アルミニウムやその合金の表面に酸化皮膜を形成する電気化学的な方法です。
この酸化皮膜は、耐食性や耐摩耗性、絶縁性などの特性を持ち、染色や装飾を付けることもできます。

 

 

アルマイト加工の種類


硫酸アルマイト


硫酸を用いて人工的に酸化皮膜を形成する表面処理の一種です。硫酸アルマイトの目的は、アルミニウムの耐食性や耐摩耗性を向上させたり、色や光沢を付与したりすることです。硫酸アルマイトは、電気化学的な反応によって行われます。硫酸アルマイトの特徴は、厚さや硬度が高く、多孔質であることです。これにより、塗装や印刷などの後加工が容易になります。

 

硬質アルマイト


硬質アルマイトとは、アルミニウムやその合金の表面に電解酸化処理を施してできる皮膜の一種です。
硬質アルマイト処理は、通常の処理より長時間の処理を行い、一般的なアルマイトよりも厚くて硬くて耐摩耗性が高いため、処理後キズが付きにくく、機械部品や工具などの工業製品に多用されます。
硬質アルマイトの色は、素材・処理条件や皮膜の厚さによって変わりますが、通常は灰色から黒色の範囲で、薄膜では通常アルマイトと変わりません。

 

化研アルマイト


化研アルマイトとは、アルミニウムやその合金の表面に人工的に酸化皮膜を形成する方法の一種です。この酸化皮膜は、耐食性や耐摩耗性などの特性を向上させるとともに、色や光沢などの外観を変化させることができます。化研アルマイトは、電気化学的な反応によって生成されるため、一般的なアルマイトよりも均一で強固な皮膜を作ることができます。化研アルマイトは、自動車や航空機などの産業分野で広く利用されています。

 

染色アルマイト


染色アルマイトとは、アルミニウムやその合金の表面に人工的に酸化皮膜を形成し、その中に色素を浸透させることで着色したものです。
アルマイト層には、肉眼では見えない微細な孔があり、この微細孔にアルマイト処理をした後、染料を浸透させ、封孔処理(染料の入った微細孔に蓋をする処理)をして、着色します。

染色アルマイトは、金属の光沢や耐食性を損なうことなく、さまざまな色に染めることができる他、めっきなどとは違い、色のはげ落ちなどがないため、建築材料や自動車部品、家電製品などに広く利用されています。

 

封孔処理とは


アルマイト加工処理を行った後は、必ず封孔処理が必要になります。
アルマイト皮膜にある無数の孔(ポア)を塞ぐことで、材料の強度や耐食性、耐摩耗性などの性能を向上させる技術のことを封孔処理といいます。
封孔処理には、化学的な方法や物理的な方法があります。化学的な方法では主に酢酸ニッケルか酢酸コバルトを使用し、孔内で化学反応を起こして固体を生成し、孔を埋めます。
物理的な方法では、加圧水蒸気や沸騰水中による方法があり、外部から衝撃波や超音波を与えたりして、孔を圧縮します。

 

加圧水蒸気による封孔処理


耐圧高圧容器内に入れ、3~5気圧の蒸気を送り、20分~30分間保ち封孔する方法であり、表面の微細な孔や亀裂を塞ぐ技術です。
この処理により、材料の耐食性や耐摩耗性が向上し、寿命が延びます。
確実で性能的には優れているが、作業能率は悪くなります。

 

沸騰水中の封孔処理


アルマイト処置をしたアルミニウム製品を純水や95~100℃の加熱水浴中に30分位保って、酸化被膜の微細な孔を閉塞させることです。
封孔水のPHは5.5~6.5以内にて行い、水の汚れや、PH6.5以上になると、粉吹き現象が表面に発生する事があります。
この方法は作業能率が良く、現在多く使用されており、アルマイトの耐食性や耐久性が向上します。

 

 

 

弊社アルマイト製品のご紹介


 

アルマイトキャンプ用品 / sonomama dish


sonomama dish写真


1人分の料理をワンプレートで作ることができ、そのままお皿としても使える便利なアルマイト製品。
本体は、アルミニウム合金を使用し、内面にはフッ素樹脂塗装、外面は、アルマイト仕上げ亀甲柄になっています。

 

 

【製品情報】


重量:(約)116g
素材:本体/アルミニウム合金 ハンドル/ステンレス
加工:内面/フッ素樹脂塗装 外面/アルマイト仕上げ亀甲柄
使用サイズ:(約)外径φ16.8cm、高さ3.2cm

 

▶詳しい製品情報はこちら

 

 

【大人気】アルマイト自社クッカーセット / CAMP SET 5



人気YouTubeであり、芸人でもあるヒロシさんが愛用くださっている、弊社人気のキャンプ用品。
5つの製品が1まとめにスタックすることができ、持ち運びも軽く荷物もかさばらないクッカーセットです。
材料は、0.6㎜アルミ板を使用し、表面処理は硫酸アルマイト処理を施しています。

 

 

【製品情報】


一番大きな器の中にすべての内容がコンパクトにスタッキング出来ます。
(スタッキング高さ約8cm×φ16cm)
セット内容
中なべ/ 約φ14.5cm 高さ7cm ×1
小なべ/ 約φ12cm 高さ6.5cm ×1
深皿/  約φ12cm 高さ2.8cm ×1
浅皿/  約φ15.5cm 高さ2.2cm ×1
浅皿/  約φ13cm 高さ2cm ×1
付属品/取扱説明書
総重量は約350g
仕様材料: 0.6 mmアルミ板使用
表面処理:硫酸アルマイト処理済

 

▶詳しい製品情報はこちら

 

 

アルミ深掘り成形品 / アルミタンブラー



アルミの深絞り成形品にプレス加工で槌目の加工を表面に施した製品。
最終工程の表面処理に於いて化研アルマイト・染色アルマイト・通常アルマイトと処理方法を変えることにより、色・仕上りに変化をつけております。

 

▶詳しい製品情報はこちら

 

 

弊社のオススメコラム一覧


アルミ合金についてのバナー


深絞りプレス加工についてのコラムバナー


封孔処理についてのコラムバナー


アルマイト処理は下地処理が重要コラムのバナー


 

当社では、アルマイト加工の他に、深掘り加工・フッ素塗装・耐熱塗装も行っております。
『こんなことできる?』『こんな製品を作りたい!』など、お気軽にご相談ください。

 

 

\ご相談はこちらよりお願いいたします/


ページスクロール画像